「メイモのブログ」目次      公式HP→  フジテレビ  tv asahi  TBS  日テレ  TV TOKYO  NHK

★↑クリックするととびます。どうぞご利用下さい。★

2010年12月12日

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | Time : | CM : 0 | TB : 0
2009年09月18日
JUGEMテーマ:ブザービート/BUZZER BEAT

9月14日放送 山下智久主演フジテレビドラマ
ブザービート(BUZZER BEAT)〜崖っぷちのヒーロー〜 」 
10話ストーリー (あらすじ)  

練習が終わった上矢直輝(山下智久)は、
白河莉子(北川景子)のために花屋でひまわりを買い
彼女のアパートへ向かいました。

直輝がアパートに着くと
莉子の部屋から川崎智哉(伊藤英明)が出てきます。

よぉ、と挨拶をして帰っていく川崎を直輝は追いかけ、
アパート横の公園で声をかけます。

直輝は川崎に莉子とのことを話し頭を下げます。
友達だったのに気持ちをとめられなくて・・
彼女は悪くない・・

そう話す直輝に川崎が
直輝のせいで泣いている莉子を優しく抱きしめた・・
直輝に彼女を守れるとは思えない・・、と言うと

直輝はそれを否定し、莉子を守りたいと返します。

そして、
いつも自信がなく劣等感ばかりの自分を莉子は認めてくれて
莉子がいると強くなれる。
莉子を大事にして夢を一緒に追い続けたい、
絶対彼女を離さない、と直輝が言うと・・

川崎はため息をつき・・嫌なカップルだね、と言います。
川崎は莉子に直輝と全く同じようなことを言われたのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
直輝が悪いんじゃない・・
友達でいようって言われてたのに気持ちがとめられなくて・・
直輝といると元気になれる・・。
直輝は大事な人で直輝の夢を応援したい・・
なのに不安になって勝手に傷ついて・・もっと強くならなきゃ・・

莉子は川崎にそう話し、指輪を返しました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

川崎:「青い者どうし勝手に仲良くやってくれ。
俺はもう知らない。その代わり・・
お前がどれだけ強くなったのか見せてくれ。
彼女の愛がどれだけお前を変えたのか俺にバスケで見せてみろ」

帰って行く川崎の背中に頭を下げお礼を言う直輝でした。



直輝は莉子の部屋へ行き、自分が悪かった、と謝ります。
足の怪我のことも話してくれなくて寂しかったと言う莉子。
直輝は心配かけたくなかった、と答えます。

直輝:「男は好きな女の子に
かっこ悪いこと知られたくないもんなんだよ」

直輝もまた、莉子にバイオリンのバイトを辞めた事を
教えてくれなかったことが寂しかったと言います。
心配かけたくなかった、と莉子は答えました。

直輝:「ほら・・」
莉子:「ごめん」

直輝はひまわりを莉子に渡し、
自分が好きなのは莉子だけ。だから、信じて、と告げました。



次の日、帰ってきた川崎の指導で練習が始まります。
そんな中・・直輝の足に激痛が・・!
直輝は倒れこんでしまいます。

直輝は、七海菜月(相武紗季)が付き添い病院へ




「ブザービート〜崖っぷちのヒーロー〜」主題歌&サウンドトラックCD
案内の下方にある続きもご覧下さいネ



続きを読む >>
2009年09月10日
JUGEMテーマ:ブザービート/BUZZER BEAT

山下智久主演フジテレビドラマ
ブザービート(BUZZER BEAT)〜崖っぷちのヒーロー〜 」 
9話ストーリー (あらすじ) 

白河莉子(北川景子)が深夜バスで帰省する前に
会う約束をしていた上矢直輝(山下智久)は、
雨の中出会った七海菜月(相武紗季) に
傘を手渡し立ち去ろうとしますが、
菜月は行かないで、と言って直輝の背中に抱きつきます。

直輝は振り返り、菜月に友達と会う約束がある、と告げます。

直輝は、もう大丈夫だから、と
直輝から借りた傘をさして歩き出した菜月を見届けると
公園に向かって雨の中を走り出しました。

直輝は、途中、莉子に連絡しようと携帯を手に取りますが
電池が切れてしまっています。

直輝が公園へ着くと、莉子が傘をさして待っています。
莉子はびしょ濡れの直輝に驚き、アパートへ連れて行きます。

莉子は、明日電車で帰ることにした、と直輝に告げます。

莉子は帰省の前にどうしても直輝に会いたくて
深夜バスが間に合わなくても直輝を待っていたのです。

直輝はそんな莉子に謝り、練習が長引いた、と説明します。

直輝は無雑作に置かれているバッグに気がつきます。
慌ててそれを直輝から取り返そうとする莉子。

その中には莉子が直輝のために作った
フレンチトーストが入っていました。

直輝はフレンチトーストを頬張り・・
今度一から教えるネ、と笑いながら言います。

やっぱりか・・レシピ通りに作ったつもりなのに、と言う莉子に
美味しいよ、ありがとう、と返す直輝です。

莉子は、本当はもう来てくれないんじゃないか、と
不安だったことを直輝に打ち明けます。

直輝は莉子の頭を優しく撫でながら
心配かけてごめんね、と告げました。

そんな時、莉子の携帯電話に菜月からの着信。
莉子が電話に出ると菜月はいきなり
今って・・もしかして直輝と一緒?と聞いてきます。

返事に困っている莉子にやっぱりそうだったんだ!と菜月。

菜月は直輝が遅れたのは自分のせいだ、と話し始めます。
菜月は傘やタオルを貸してくれたことを告げ、
直輝はシーズン前の大事な時期だから
風邪をひかないように注意をして欲しいと頼みました。

莉子は菜月の言葉を受け、直輝を早く帰宅させます。
素直に莉子の言うことを聞く直輝です。

海老名麻衣(貫地谷しほり)と秦野秀治(溝端淳平)が
食事を終え帰ってきました。

莉子はふたりから
練習が早く終わったことを聞かされ・・
また不安な気持ちになってしまいました。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

このとき、俺の頭の中には莉子の笑顔じゃなくて、
菜月の小さな後姿が浮かんでいた。

〜〜直輝〜〜




「ブザービート〜崖っぷちのヒーロー〜」主題歌&サウンドトラックCD
案内の下方にある続きもご覧下さいネ








2009年09月08日
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ


8月31日(月)放送
ブザービート(BUZZER BEAT)〜崖っぷちのヒーロー〜 
第8話あらすじ詳細(ネタバレ)

上矢直輝(山下智久)は白河莉子(北川景子)の部屋へ駆けあがり
莉子を強く抱きしめキスをしました。

するとそこに、追加のワインを買いに出かけていた
麻衣(貫地谷しほり)と秀治(溝端淳平)の戻ってくる足音が・・。

莉子と直輝は大慌て!
莉子は直輝を自分の部屋に隠しました。

誕生会の続きで莉子たち3人は盛り上がります。
莉子の部屋にいる直輝は莉子たちの会話を聞いています。
ふと莉子のバイオリンケースに目をやると
そこに直輝のキーホルダーが下げられていました。

翌朝、莉子は麻衣たちが眠っているのを確認して
自分の部屋に戻ると、直輝も莉子のベッドで眠っています。
莉子が直輝に触れると・・
ふいに直輝は莉子を引き寄せて抱きしめました。

〜〜〜〜

なんだろ・・とても不思議な感覚だ。
ドリブルするボールが手に吸い付くような・・
引き寄せられるような・・
やわらかい安心感
それが気持ち良くて、俺は・・
1ミリも隙間がなくなるくらい
彼女を強く抱きしめた。

〜直輝〜



麻衣と秀治が朝ご飯を買いにコンビニへ出かけている隙に
莉子は直輝を部屋から出します。

直輝がふと目にした小さな箱・・
それは莉子が川崎智哉(伊藤英明)から貰ったリングです。

莉子は、それを川崎から貰ったけれど
好きな人がいると告げ、返そうと思っていると
直輝に話します。

直輝もまた川崎に莉子と付き合いたいと
ちゃんと言う、と言います。

それまではけじめとして
周りに気づかれないように・・
あまり近づき過ぎないようにしよう・・と
今まで通り、電話や公園で会うくらいの関係でいようと
約束するのでした。



莉子の部屋を出た直輝は
公園でバスケットボールをリュックにしまいます。

部屋の窓際にいる莉子を見て直輝が
メアド聞くの忘れた・・と呟くと
莉子は、譜線ノートにアドレスを書いて
それを紙飛行機にして直輝の元へ飛ばしました。

そのふたりのようすを見ていた麻衣と秀治は
どういうことなのか聞き出さなきゃ!と
騒いでいます。



一方、七海菜月(相武紗季)は勤務中・・
後輩、金沢しおん(小松彩夏)の携帯の着信を見て
代々木廉(金子ノブアキ)としおんが親しいことを知ります。

しおん:「悪いことをしたとは思っていませんから。
だって菜月先輩だって上矢さんがいるのに
代々木さんと付き合ったじゃないですか。
だから私、菜月先輩に悪いなんて全然思いません」

同僚たちの前で言い放ったしおんに菜月は
「あっそう・・」と軽く受け流します。




「ブザービート〜崖っぷちのヒーロー〜」主題歌&サウンドトラックCD
案内の下方にある続きもご覧下さいネ





2009年08月26日
JUGEMテーマ:ブザービート/BUZZER BEAT

山下智久主演フジテレビドラマ
「ブザービート(BUZZER BEAT)〜崖っぷちのヒーロー〜 」 
第7話ストーリー (あらすじ)

上矢直輝(山下智久)はロッカールームで
 合宿所であった白河莉子(北川景子)との出来事や
川崎智哉(伊藤英明)から「信じている」と言われたことを
思い出しています。
そのとき、七海菜月(相武紗季)から携帯に電話が入ります。


その頃、バイト先の書店で
恋愛に関する本にふと目をとめた莉子は
川崎から「待ってるよ、君が俺を好きになるまで」と
言われたことや、直輝と公園でキスしたことを
思い出しています。

そこへ川崎からメールが入り
莉子はボストンに旅立とうとしている川崎を見送りに
空港へ行きます。

莉子のメールアドレスから誕生日に気がついた川崎は
莉子にプレゼントを渡し、
帰国したら真っ先に会いにいく、と言い残し
旅だって行きました。



アパートに帰った莉子は海老名麻衣(貫地谷しほり)に
川崎に好きな人がいることを正直に話したこと、
川崎の両親に会って「よろしく」と言われてしまったこと、
直輝とキスしたことを打ち明けます。

そして川崎から貰ったプレゼントを開けてみることに・・。



菜月からの電話で
菜月の部屋にあった荷物を取りに行った直輝が
合鍵を置いて帰ろうとしたとき、
菜月は「私たち友達になれるかな」と尋ねます。

直輝は
「無理かな・・友達とは一生思えないと思う」と答え
部屋を出て行きました。



家に帰った直輝はオムライスを作ります。
家には秦野秀治(溝端淳平)が来ていて
妹の優里(大政絢)と一緒に
オムライスが出来上がるのを待っていると、
優里から合コンをして欲しいと頼まれます。



莉子たちは・・
川崎からのプレゼントを必死に開けています。
箱を開けるとまた箱が・・・
開けても開けてもまた箱が・・

そして、中味の想像ができるくらいの大きさまで
小さな箱になりました。

麻衣が想像したとおりに箱の中味は・・

高そうなダイヤのリングでした。
こんなの受け取れないよ、と莉子は困惑しています。

そんなとき、ボールの音が聞こえてきます。

公園に直輝と秀治が来ています。
ふたりが練習するようすを窓から見ながら・・
麻衣は莉子に
直輝が菜月と別れたことを告げました。

秀治に気づかれたふたりは慌てて隠れます。

秀治:「あ、隠れちゃった。
そう言えばあそこ莉子さんの部屋だもんな」
直輝:「そうなんだ・・。」



トレーニングを控えロッカールームにいる選手たち。
秀治は優里に頼まれていた合コンのことで
参加者を募ります。が・・
この時期にそんな余裕はない、と
のってくるメンバーはいません。

そんなとき宇都宮透(永井大)が麻衣の話を始めます。
明日、麻衣と会うと話す宇都宮です。
秀治は浮かない顔をしています。

そこへJCアークスのチームマネージャー、
春日部良夫(金田哲:はんにゃ)と
トレーナーの松山亮介(川島章良:はんにゃ)が
昨シーズンで引退した元アークスの
三島(前川泰之)を連れてきました。

川崎の依頼で、
しばらくアシスタントコーチをすることになった三島です。



選手たちがトレーニングをしているところへ
小学生の子供たちが練習の見学にやってきます。
案内した菜月は、直輝の足のようすが変だということに
気がついたようです。





「ブザービート〜崖っぷちのヒーロー〜」主題歌&サウンドトラックCD
案内の下方にある続きもご覧下さいネ





2009年08月20日
JUGEMテーマ:ブザービート/BUZZER BEAT

フジテレビドラマ
「ブザービート(BUZZER BEAT)〜崖っぷちのヒーロー〜 」 
第6話(8月17日放送)ストーリー

合宿中だった上矢直輝(山下智久) に電話をかけた
白河莉子(北川景子)は、
電話の向こう側で直輝が泣いていることに気づき、
心配になってアークスの合宿先まで駆けつけました。

思わず莉子を抱きしめてしまった直輝ですが
ハッとして体を離そうとすると
今度は莉子が抱きつきました。

ぎゅっと抱きしめる莉子・・
二人はバランスを崩して倒れてしまいます。

顔と顔が近づき・・
直輝の上に覆いかぶさった莉子は
今にも直輝にkissしそうな雰囲気です。

と、その時、
莉子が目覚まし用にセットしておいた
携帯のアラームが鳴り出しました。

我に返ったふたりはお互いに
びっくりした、と言います。

合宿で何かあった?と聞く莉子に
直輝はプライドは守った、と答えました。

莉子は急に来てしまったことを謝り
直輝もまた心配かけたことを謝ります。

バイトと練習があるから帰る、と言う莉子に
川崎智哉(伊藤英明)に会っていかないの?と聞く直輝。

莉子は、ノーメイクで
さし入れも持ってきていないから、と答えます。

莉子:「ほっとけなかっただけだから・・
私・・友達だし、ファンだし」
直輝:「俺も白河さんが友達で良かった。ありがとう」

直輝は莉子をバス停まで送っていきます。



その頃、川崎と宇都宮透(永井大) は
二人並んで走っています。

合宿が終わったらボストンへ行く川崎を気遣う宇都宮に
それより選手たちの体調やメンタルが大事だと言う川崎。

私生活もうまくやれよ、と言う川崎に
宇都宮は女はどこか面倒だと話します。

「自分ひとりより誰かのために
頑張ろうと思ったときの方が強くなれることもある。」と言った川崎に
「さすが、恋する男のセリフは違いますね」と返した宇都宮は
無言になった川崎を
大丈夫、愛されていないはずない、と励まします。

「だから、俺のことはいいって。もういっちょ行って来い!」と
川崎は宇都宮を走らせます。



バス停では・・

直輝は、音楽のことはよくわからないけど
演奏が本当に良かった、電話で聴いて感動した、
だから頑張って、と莉子を励まします。

莉子の乗ったバスを見送る直輝は
そのようすを見ていた川崎に気がつきませんでした。



これから帰るという莉子のメールに
こんな無謀なことして、知らないから!と
ひとりで家にいる海老名麻衣(貫地谷しほり) は
大きな声を出します。



選手たちより先に帰るチアチームの
七海菜月(相武紗季) たちはロビーに集まっています。

それを見送る宇都宮、直輝、守口修斗(青木崇高)ら
選手たちです。

目が合った直輝と菜月はお互いに目を伏せます。
そして菜月は代々木廉(金子ノブアキ)の元へ
駆け寄り、去年の試合のDVDを渡し、
東京に戻ったら連絡して、と話しかけます。

それを聞いていた選手たちは驚いています。
心配した宇都宮は菜月を呼びとめ
事情を聞こうとします。

菜月:「そんなに直輝のことが心配ですか?
振られたのは私です。」

菜月はそう言うとバスに乗り込みました。



体育館で川崎は
バス停にいた莉子のことを思い浮かべながら
コートを走り回る直輝を目で追っています。

そして、試合の最中、莉子が直輝に叫んだことなど
直輝を気にしている莉子の姿を思い返しています。

莉子が直輝に気があることを感じた川崎は、
「ふ〜ん・・面白いじゃないか」と呟きます。

川崎は、この後のメニューをどうします?と聞く
トレーナーの松山亮介(川島章良:はんにゃ)の言葉を
聞いてか聞かずか・・

川崎は全員を集合させ練習試合を行うと
選手たちに告げます。

川崎はチームと選手の名前を呼びます。

赤チームは、
佐賀弘明(石田剛規)、ラリーブラウン(David M)、
中村友也(東京アパッチ)、代々木廉、そして直輝。

春日部良夫(金田哲:はんにゃ)は
直輝と廉が組んだことに興奮しています。

白チームは、
宇都宮、守口、佐藤、田中、

川崎:「それから・・それから・・俺!」

選手たちは驚きます。
秦野秀治(溝端淳平)もがっかりしながらも
驚きを隠せません。

テンションの上がる選手たちです。





「ブザービート〜崖っぷちのヒーロー〜」主題歌&サントラCD
案内の下方にある続きもご覧下さいネ




2009年08月12日

山下智久主演ドラマ: ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜
第5話あらすじです。

ロッカールームでkissをしている
七海菜月(相武紗季) と代々木廉(金子ノブアキ)。

菜月が視線に気がつき振り向くと
そこには上矢直輝(山下智久) の姿が・・。

直輝:「何してんの」

菜月:「・・・・」

直輝:「何してんだよ!」

ロッカールームを出た直輝を菜月は追いかけます。

菜月:「待って直輝!違うの!」

直輝を引きとめた菜月は
泣きながら謝ります。

直輝:「なんでそっちが泣くんだよ!ずるいだろ・・」

何度も何度もごめんと言う菜月。

ロッカールームから出て来た廉に

直輝:「お前さぁ、俺の女だってわかってて手出したの?」
廉:「どっちでもよくねぇ?」

廉:「人のタマだろうが、ルーズボールだろうがさぁ
欲しいタマ取るよ」

菜月は廉につかみかかる直輝をとめ
廉に「帰ってよ!」と言います。

複雑な表情で帰っていく廉・・。

直輝:「いつから?いつからなんだよ」
菜月:「今、さっき急に。ごめん、
あんなことするつもりじゃなかったの。
怪我の話し聞いてたら急に・・」
直輝:「意味わかんないよ」
菜月:「自分でもわかんないよ。ごめん、許して、
ごめん、ごめん・・」



その頃、白河莉子(北川景子)と川崎智哉(伊藤英明)は
デートをしています。

莉子は、秦野秀治(溝端淳平)が居候中の
海老名麻衣(貫地谷しほり)とルームシェアをしている部屋へ
川崎を誘います。

莉子たちは秀治の引っ越し祝いをします。

川崎:「いい部屋だね。女の子の部屋って感じがするよ」
秀治:「麻衣さんがキレイ好きで片付けに厳しいんですよ」
莉子:「そうだよね、麻衣って厳しいよね」
秀治:「はい。麻衣さんは見た目ぽわっとしてるのに
実はキビキビしてて、逆に莉子さんは
見た目シャープなのに、
家ではだらだら、へにゃへにゃしてるんです」
川崎:「へぇ〜、そんなんだ」

部屋のチャイムが鳴ります。

川崎:「直輝かなぁ、家近いし」
莉子:「え!上矢くん!?」

莉子の反応にハッとする川崎と麻衣・・。

やってきたのは宇都宮透(永井大)でした。
秀治が気を利かせ呼んでいたのです。

宇都宮が好きな麻衣は大喜びです。



複雑な想いを抱えた直輝は
いつもの公園へ行き練習に没頭します。

翌朝、郵便受けを見に部屋を出た莉子は
公園のベンチで眠っている直輝を見つけます。

直輝は疲れ果てそのまま眠ってしまったのでしょう・・。

莉子は直輝の寝顔を携帯電話のカメラで撮影。

郵便受けをのぞきに来た麻衣と秀治が
莉子を見つけ、そのようすを見ています。

直輝を撮り嬉しそうな莉子。

直輝:「何してんの?」
莉子:「あ、おはよう」
直輝:「何か撮った?」
莉子:「え・・いや・・あのー、蝶!蝶がいたの。」

麻衣:「はは〜ん」



部屋に戻った麻衣は、莉子に
「やっぱり上矢君のこと・・・」と聞きます。

莉子は
「それはない。彼女がいる人を好きになるなんて
ありえないし、好きになんかなったら
大事な友達なくしちゃう。だからそれはない」と
撮った直輝の写真を消去します。

莉子:「麻衣、私川崎さんのこと、きっと好きになる。
絶対なる。だから大丈夫。」
麻衣:「うん、わかった。
そうだよ、あんないい人いないよ」



家に帰った直輝。

母の上矢真希子(真矢みき) 、姉の雪乃(ちすん)、
妹の上矢優里(大政絢)はいつもと違う直輝に首をかしげます。

よく考えれば予兆はあった。
バカなのは気づかなかった俺だ。
そう、胸を痛める直輝です。





「ブザービート〜崖っぷちのヒーロー〜」主題歌&サントラCD
案内の下方にある続きもご覧下さいネ





2009年08月04日

山下智久主演ドラマ: ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜
第4話物語紹介 

バスで拾った携帯が上矢直輝(山下智久) のもので、
運命的だったと海老名麻衣(貫地谷しほり)に
嬉しそうに話す白河莉子(北川景子)です。

莉子は、川崎智哉(伊藤英明)と
上手くいって欲しいと思っているようすの麻衣に
「私と上矢君は運命的な友達」と
自分に言い聞かせるように話します。



海に来て少し元気になった直輝は、
七海菜月(相武紗季)に

「昨日は帰っちゃってごめん。
いろいろ話したい。
今夜、会える?」

と、送ったメールの返事を待っています。



川崎の車で一緒に帰る(海から)ことになった
宇都宮透(永井大)と莉子たち。

直輝は一緒に車に乗って行くか、と川崎に誘われた時、
ちょうど菜月から「私も会いたい。昨日はごめん」という
メールが届き、先に電車で帰ることに。

宇都宮:「元気になったみたいですね」
川崎:「菜月と喧嘩でもしていたんだろ」

この会話を聞いて麻衣が莉子の顔を見ると、
莉子は少し沈んだ表情をしていました。



その頃、菜月の部屋には
まだ代々木廉(金子ノブアキ)がいます。

菜月:「早く帰って」
廉:「やっぱ、別れる気ないんだ」
菜月:「ないよ。自分だって
私とまじめにつき合う気ないんでしょ」

冷蔵庫からボトルを取り出し水を飲み・・
廉:「ないね・・」

菜月:「やめてよ、直輝が来ちゃう。」
無理やり菜月にキスをする廉です。



川崎は、
大学時代の仲間に莉子のことを紹介したいからと
莉子を食事に誘います。

ふたりの手が触れ・・
川崎は莉子と手を繋ぎます。

キレイな夕日の落ちる浜辺での出来事でした。



直輝が菜月の部屋の鍵を開けるのと同時に
「直輝、助けて」という菜月の声がします。

掃除しようとしていたら虫が窓から入ってきたと
騒いでいたのです。
直輝はそっと虫を捕まえ窓の外に逃がしてあげます。

直輝は菜月の言葉で自分のことを色々考えたと言います。
そして、どこか菜月に甘えていたと謝ります。

直輝は菜月に
「バスケで輝いている直輝が好き」と言われ
元気になった直輝は腕立て伏せを始めます。

その時直輝はベッドの下に落ちている
アームバンドに気がつきました。



自宅に帰った直輝は
アームバンドのことが気になります。

まさか家にいたのはカナブンだけじゃない、
なんてことないよなぁ、と呟く直輝です。



夜、直輝がいつも練習している公園に行くと
莉子がバイオリンの練習をしています。

後輩の代わりに急きょ
ミニコンサートにでることになったのです。

ショッピングモールの広場である
小さいコンサートだから恥ずかしくて
川崎は呼べないと言う莉子です。

莉子:「上矢君のバスケ聞いてると元気がでるんだ」
直輝:「聞く?」
莉子:「うん。ボールのとんとんという音とか
シューズの音とか聞いているとわくわくするんだ」
直輝:「音フェチ?」
莉子:「そうかも」
直輝:「俺はね、床の音が好きなんだ。
バッシュがこう・・キュッってすれる音。」
莉子:「あぁ、あの体育館の」
直輝:「そうそうそう。このキュッキュッって音聞くと
敵がこっち来てるとか味方が後ろに来てるとか
そういうの全部わかるからぞくぞくするの。」
莉子:「ぞくぞくかぁ。私にも聞き分けられる?」
直輝:「う〜ん」

「ま、無理でしょ素人には・・なんつって」と
莉子の肩をたたく直輝。

莉子:「いつか絶対聞き分けてやる〜」

目を閉じて直輝のバスケの音を聞きながら莉子は
「好きじゃないよね」と呟きます。

「うん。友達。」とさらに呟いた莉子でした。



「もうすぐ恒例のナ夏のスポーツフェスタが開催されま〜す」

大きな声で話すのは春日部良夫(金田哲:はんにゃ)。

サイン会やグッズの販売を行って
ファンクラブの会員を増やそうとしています。

直輝は守口修斗(青木崇高)から
宇都宮と廉が日本代表の強化合宿に行っていることを
聞かされます。



春日部:「直輝、この間の練習試合あたりから
ちょっとふっきれた感じありますね」

川崎:「合宿から本格的に
あいつに1番をやらせてみようかと思うんだ」

松山亮介(川島章良:はんにゃ) :「え!直輝が
ポイントガードですか」

川崎:「今の直輝ならやらせてみる価値はある。」






「ブザービート〜崖っぷちのヒーロー〜」主題歌&サントラCD
案内の下方にある続きもご覧下さいネ





2009年07月29日
JUGEMテーマ:ブザービート/BUZZER BEAT

山下智久主演ドラマ: ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜
第3話ストーリー紹介

〜二人の秘密〜

チームキャプテン宇都宮透(永井大)をはじめとする
上矢直輝(山下智久)、 秦野秀治(溝端淳平)、守口修斗(青木崇高)、
代々木廉(金子ノブアキ)らJCアークスのメンバーたちは
シーズン開幕に向けて走りこみや筋トレなど
厳しいトレーニングを続けています。

ヘッドコーチの川崎智哉(伊藤英明)は、トレーナーの
松山亮介(川島章良:はんにゃ) とともに
個人練習のメニュー作りに一生懸命です。



練習を終えて・・

守口:「なぁ、気づいた?」
直輝:「何がですか?」
守口:「さっきから暗くないかな・・」
秀治:「わかっちゃいました?そうなっすよ・・実は俺、
来週から今住んでるアパート追い出されちゃうんすよ」
宇都宮:「は?そうなの?」
直輝:「どうすんの?大変じゃん・・」
守口:「いや・・だから・・そうじゃなくて・・
暗いのはこの部屋のことだよ」

あ!!蛍光灯が少なくなってる!!

マネージャーの春日部良夫(金田哲:はんにゃ)が、
予算の削減を受け、ロッカールームの蛍光灯を減らすなどして
経費を切り詰めているのです。

春日部:「今期はかなり削られたからなぁ」
廉:「しけたチームに来ちゃったなぁ、おい・・」

秀治:「そんなに困ってたんだなぁうちのチーム・・」
宇都宮:「そんなに暗くなってどうする!」

宇都宮は、こんなときこそバスケのことだけを考えて
力を合わせて頑張るべきじゃないのか、と励まします。

その言葉で勢いづいたチームメイトたちです。

守口は二人目の子供ができたと告げると
直輝は自分も結婚したいし子供が欲しいと言います。

そんなとき、秀治に海老名麻衣(貫地谷しほり)から
電話が入ります。

麻衣は、莉子(北川景子)とアルバイトをしている書店に
秀治を呼び出します。

宇都宮のことを調べるように頼む麻衣です。

麻衣:「恋する女っていろいろ大変なのよね〜」
秀治:「でも僕の方がもっと大変なんっすよ・・」
アパートを追い出されることを話します。
麻衣:「ごめんなさい。私あなたの色々には全く興味ないの。」
秀治:「・・・・」



その夜、直輝は菜月(相武紗季)の部屋を訪れます。
直輝は美味しそうなオムライスを作ります。
直輝が食卓の準備をしていると・・
菜月:「ねぇ、直輝!」
直輝:「ん?」
菜月:「やっぱり・・結婚しない?」
菜月:「ここに一緒に住めばいいと思うの。狭いけど、
お金がなくても直輝とならやっていけそうな気がする」
直輝:「ごめん・・。今はまだ無理・・。
俺もしたいよ。でも、自分に自信がない。金のこともそうだし、
選手としてのキャリアも。だからもっと強くなって、
ちゃんと菜月を幸せにできるってそういう自信がつくまで
もうちょっと待って欲しい。」
菜月:「うん・・わかった・・。」
菜月は最初寂しそうに頷きましたが、
すぐに「そうだよね、わかった!OK!」と笑顔で答えます。
菜月の気持ちを察したのか、
直輝は菜月を優しく抱きしめます。

直輝:「こんな俺でごめんね。」
菜月:「ううん・・いいよ。」
直輝:「ありがとう」
この時の菜月の表情は
直輝の知る菜月ではないように見えました。







「ブザービート〜崖っぷちのヒーロー〜」主題歌&サントラCD
案内の下方にある続きもご覧下さいネ





2009年07月23日

 フジテレビ系ドラマ「ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜」

第2話のあらすじ(ネタバレ)です。

〜夏の恋が始まる!!〜

上矢直輝(山下智久)と白河莉子(北川景子)が出会った公園は
直輝がいつもシュートの練習をしている公園で、
親友の海老名麻衣(貫地谷しほり)と一緒に
住み始めたばかりのアパートのすぐそばにあります。
莉子の部屋の窓からその公園が見え、
直輝のシュートの練習のようすを見ることができます。

直輝の作ったおにぎりを食べながら・・
莉子がバイオリンを始めたのは小学3年のとき、
直輝がバスケを始めたのも小学3年・・。
それぞれバスケとバイオリンを始めたきっかけを話します。

公園を通りかかった麻衣はふたりのようすを見て
知らない男になんで色々話しているのかと怪訝そうな顔。

部屋に戻った麻衣は直輝が誰なのか莉子に聞くと、
名前も知らないと言います。
名前も知らない人となんで語り合うのかと
麻衣はやっぱり不思議そう・・。



直輝の家では、直輝の母、上矢真希子(真矢みき)と
妹の優里(大政絢)はお客さんが来ると忙しくしています。

お互いに服装を気にしたり・・。

「ただいま〜」直輝が帰ってきました。
一緒にいるのは直輝の恋人、七海菜月(相武紗季)です。
お客さんは菜月のことでした。

菜月は自分の靴だけでなく
直輝の脱いだ靴まできちんと揃えます。
そのようすを見つめる直輝の表情からは
”菜月はよく気がつくいい女、素敵な女性”と感じているような
そんな想いが伝わってくるようです。

菜月は先月誕生日だった優里に
プレゼントの花束を渡します。

百合とトルコキキョウとチューベローズというお花です。



同じ頃、莉子と麻衣は、
直輝が所属するプロバスケットボールチーム『JCアークス』
ヘッドコーチの川崎智哉(伊藤英明)に誘われたWデートの日。

莉子:「川崎さんって私狙いなのかな」
麻衣:「何?その自分がモテるみたいなムカつく発言・・」
莉子:「そういうわけじゃなく、全てがうまくいきすぎ
展開が速すぎて気持ちがついていかない」

そんな会話をしていると川崎が手を振ります。
川崎が連れているのは
アークスのキャプテン、宇都宮透(永井大)。

麻衣は、ひと目で宇都宮のことが気に入ります。

麻衣:「どうしよう。超タイプ。今すぐこのまま彼女になりたい・・。
彼女いる人だったりして・・」
莉子:「それがね・・いないみたいなんだけどぉ
ま、いいかぁ」
麻衣:「ま、いいかって、何よ。言ってよ、気になる」
莉子:「男の人が好きな人かも」
麻衣:「えっ!?」



直輝たち家族と菜月は食事をしています。

直輝が初めて菜月を家に連れてきたのは2年程前で
その前日から直輝は大掃除を始めたと真希子は話します。

直輝は元々綺麗好きだけど菜月の前だと格好をつけてしまう、
という話から、思い出したように百合が
直輝は菜月と一晩電話が繋がらなかっただけで
とても心配していたと言います。

菜月はすぐに思い当たります。
代々木廉(金子ノブアキ)と一晩過ごした日のことです。
それを思い出し一瞬ハッとしたような表情を見せますが・・
菜月は次の日が出張のため、電源が切れてたのも気づかずに
早く寝てしまったと謝ります。

そのとき、菜月の携帯に電話がかかってきます。
電話をかけてきたのは、廉です。
遠慮しないで電話に出て、と直輝たちに言われた菜月は
席を立ち電話に出ます。

菜月:「もしもし」
廉:「あぁ、オレオレ。今どこにいるの?」
菜月:「今?彼氏の家。」
廉:「あぁ、そう。いい休日だねぇ」
菜月:「そう、いい休日なの。だから・・
1回寝たくらいで勘違いしないでくれる?」



莉子たち4人はバイオリンのライブを見た後
飲みながら楽しい時間を過ごしています。

ベスト5賞とは
シーズン1年間を通して最も活躍した選手が5人選ばれる賞で
『JCアークス』から選ばれたのは宇都宮ひとりだけ、と
川崎は話します。

宇都宮は麻衣に
川崎は現役の時にベスト5賞を5回、
MVPを2回、最多スリーポイント賞、アシスト賞をとり
バスケ界の中ではかなり有名で、

膝の怪我さえなければ今も現役として活躍していただろう、
今は、最高の指導者で大学のときからずっと尊敬してる、と
話します。

麻衣:「やっぱりそっち?」
宇都宮:「ん?」

一方、莉子は
(莉子に)彼氏がいなくてラッキーだと
川崎に言われます。



菜月:「楽しかった。見送りいいよ、大丈夫」
直輝:「いいよ、駅まで送るよ。」
菜月:「駅まで近いし、お母さん手伝ってあげて。
片付けまだだったでしょう」
直輝:「じゃぁ、そうする」

そして、直輝と菜月はKiss ❤

菜月:「ねぇ、もう1回して・・」

Kiss・・

菜月は直輝をじっと見つめます。

直輝:「ん?」
菜月:「ううん・・。おやすみ」



直輝と別れた菜月は、たばこに火をつけます。

菜月がたばこを吸っていると
莉子と麻衣がたわいもない話しをしながら
通り過ぎていきます。

それを何気なく横目で見ていた菜月は
たばこをしまい、また歩き始めます。

菜月:「あぁ、肩凝った。」



直輝へ菜月からメール

今家に着きました。
今日はごちそうさま❤



その夜、久しぶりに子供のころを思い出した。
ブザービートを決めたあの日から
夢中でバスケを続けてきたけど
オレはいつまでこの夢を見続けられるんだろう・・

直輝




「ブザービート〜崖っぷちのヒーロー〜」主題歌&サントラCD
案内の下方にある続きもご覧下さいネ




2009年07月20日
JUGEMテーマ:ブザービート/BUZZER BEAT

山下智久主演ドラマ
ブザービート崖っぷちのヒーロー〜」は
フジテレビ系で毎週月曜の夜9時から放送されています。

脚本:大森美香
音楽:B.B.O.S.T(ポニーキャニオン)
プロデュース:中野利幸
演出:永山耕三

主題歌:「イチブトゼンブ」B'z
(作詞:稲葉浩志 作曲:松本孝弘)



※ ブザービートとは、試合終了やピリオド終了の
ブザーが鳴るのと同時に放たれて決まるシュート。

ブザー・ビート崖っぷちのヒーロー〜」

恋は人を強くする!!崖ぷちヒーロー始動!!
初回特別編

第1話のストーリー詳細です。

もうすぐハーフタイムが終わります。
NAOKI 背番号8 の 上矢直輝(山下智久)は、
俺は強い、俺は強い、俺は強い・・・と
自分に言い聞かせ戻っていきます。

プロバスケットボールアソシエイション(PBA)
シーズン最終戦「JC ARCS」対「BREX」
前半終わって得点は38:47
勝ったほうがプレーオフ進出を決める大事な1戦です。

「俺たちの目標はプレイオフに出ることじゃない
プレーオフに出て優勝することだ」と言っているのは
JCアークスのヘッドコーチ、川崎智哉(伊藤英明)。

「点差は一桁!絶対イケる!!」と言っているのは
チームキャプテンの宇都宮透(永井大)。
選手たちは円陣を組み、気合を入れ、コートに入ります。

直輝に「頑張れ」と声をかけコートから戻っていく
チアリーダーのキャプテン、七海菜月(相武紗季)は、
直輝の恋人です。

「お兄ちゃん頑張って〜!」と直輝の妹、
上矢優里(大政絢)が応援しています。

他に、トレーナーの松山亮介(川島章良:はんにゃ)、
チームマネージャーの春日部良夫(金田哲:はんにゃ)、
アークス専属カメラマンの佐伯佳織(綾那)も
大きな声を出しています。

後半戦が始まりました。

徐々に点差が縮まっていき・・
残り10秒を切ったところで直輝がシュートを決め
同点になります。

そして・・直輝にフリースローが与えられます。

ドキドキどきどき・・・



ちょうどその頃、書店でアルバイトをしながら、
プロのバイオリニストを目指している
音大出身の白河莉子(北川景子)が、
あるオーケストラのオーディションを受けています。

演奏中に弦が切れてしまいました。



心臓の鼓動が高鳴る直輝はまた・・
俺は強い、俺は強い、俺は強い・・・と呟きます。

直輝のフリースローは・・・・・・




「ブザービート〜崖っぷちのヒーロー〜」主題歌&サントラCD
案内の下方にある続きもご覧下さいネ






続きを読む >>