「メイモのブログ」目次      公式HP→  フジテレビ  tv asahi  TBS  日テレ  TV TOKYO  NHK

★↑クリックするととびます。どうぞご利用下さい。★

2010年12月12日

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | Time : | CM : 0 | TB : 0
2009年09月14日
JUGEMテーマ:赤鼻のセンセイ

日本テレビドラマ「赤鼻のセンセイ」最終話ストーリーあらすじ
(9月9日放送)

〜笑う門には福来たる〜

石原参太朗(大泉洋)は、
昏睡状態に陥っている和田雅樹(須賀健太)に
和田との約束どおりクリーンルームで授業をしました。

太川絹(小林聡美)、八重樫守(神木隆之介)、
田中香(高良光莉)も様子を見に来ました。

七瀬遥華(香椎由宇)が石原に
授業をしてくれたことにお礼を言い授業終了。

「ちゃんと授業をやれてたかな」と心配する石原に
石原にしか出来ない授業だったと太川は答えました。

和田は・・今夜が峠・・。
きっと大丈夫だと言う石原です。

和田を案じて泊まり込んでいた石原、太川、
権田俊郎(光石研)、西森倫子(平岩紙)たちのところへ
看護師の近藤ミチル(入山法子)が駆けつけます。

「和田君が・・」



静かに目を開いた和田の前には
七瀬と和田の父、邦春(山崎 一)がニッコリ微笑んでいます。

そこへ石原と太川が駆けつけ大喜び。

まだ予断を許さない状況ですが、熱が下がりつつあり
血圧も上がっている、と七瀬は言います。



一方、八重樫は・・

発作も落ち着いてきているので
定期的な通院で大丈夫だろうと院長の桜山真(上川隆也)が
退院の許可が出たことを本人に告げます。

八重樫もいよいよ退院です。





「赤鼻のセンセイ」の主題歌「夢をアリガトウ」CD紹介の
下方にある続き>>読んで下さいネ♪    



原由子,桑田佳祐
ビクターエンタテインメント

原由子,桑田佳祐
ビクターエンタテインメント

続きを読む >>
2009年09月07日
JUGEMテーマ:赤鼻のセンセイ

大泉洋主演日本テレビドラマ
「赤鼻のセンセイ」第9話あらすじ(ネタバレ)

〜背水の陣〜

教師をクビになってしまった石原参太朗(大泉洋)は
院内学級の教室で前回(第8話)の出来事を思い出していました。

そこへ院長の桜山真(上川隆也)が現れ
石原の正直な気持ちを聞きたいと言います。

「あと1ヶ月で院内学級がなくなるという今、
ぼくの解雇が決定した今、ぼくが思うのは・・
ぼくの居場所はやっぱりここしかないんです。」

石原は桜山にそう告げます。

それを聞いた桜山はホッとしたようすで
本校の校長先生に会ってきた、と話し始めます。

桜山は、院内学級がある間、自分が院長である間は
石原に教師を続けてもらえるように頼んできたと告げました。

そのようすを聞いていた太川絹(小林聡美)は、
あと1ヶ月、桜山総合病院、院内学級の子供たちのために
自分たちは教師として何ができるのか・・
できる限りのことをやりましょう!と石原に言います。






「赤鼻のセンセイ」の主題歌「夢をアリガトウ」CD紹介の
下方にある続き>>読んで下さいネ♪    




原由子,桑田佳祐
ビクターエンタテインメント
(2009-08-19)

原由子,桑田佳祐
ビクターエンタテインメント

2009年08月28日
JUGEMテーマ:赤鼻のセンセイ

大泉洋主演日本テレビドラマ
「赤鼻のセンセイ」第8話ストーリー

〜一難去ってまた一難〜

石原参太朗(大泉洋)は授業に気合が入ります。
八重樫守(神木隆之介)、和田雅樹(須賀健太)、
田中香(高良光莉)の3人が揃う中、
赤鼻をつけて、鉢巻きもつけて授業をしています。

そこへ男が入ってきました。
勝手に入ってもらっては困る、と言う
石原に気にせず続けて(授業を)と教室内を見回しています。

石原を顕微鏡で見た病原菌にそっくりだと言う男を
廊下に連れ出します。

小学生の教室から出てきた太川絹(小林聡美)は
男を見るなり「あ・・」

騒ぎを聞きつけやってきた七瀬遥華(香椎由宇)も
男を見て「あ・・」

続けてやってきた院長の桜山真(上川隆也)も
「あ〜〜」

その男は桜山の兄の幸一(羽場裕一)でした。

何ですかみんなで「あ、あ〜」って、と言う石原に
桜山は「兄です」と紹介します。



幸一は、桜山と七瀬に
近々戻る事に決めた、と報告します。
幸一は、桜山総合病院を
日本の最先端医療のモデルホスピタルにするつもりです。

院内改革が必要だから、戻ってくるまでの間に
色々準備を頼む、と幸一は桜山に言います。

その準備とは・・「院内学級の閉鎖」でした。



幸一が帰ってきて桜山が院長を辞めたら、
院内学級がなくなるかもしれない、と心配する石原に
桜山は本当のことが言えません。

桜山は、幸一は学会が終わればアメリカへ帰るから
何の心配もいらない、と嘘をついてしまいます。

それでも不安なようすの
太川、権田俊郎(光石研)、西森倫子(平岩紙)に
石原は、幸一に、
院内学級の素晴らしさを伝える、と話します。





「赤鼻のセンセイ」の主題歌「夢をアリガトウ」CD紹介の
下方にある続き>>読んで下さいネ♪    






原由子,桑田佳祐
ビクターエンタテインメント

原由子,桑田佳祐
ビクターエンタテインメント

2009年08月22日
JUGEMテーマ:赤鼻のセンセイ

日本テレビドラマ「赤鼻のセンセイ」第7話あらすじ 
(8月19日放送)

〜怪我の功名〜

和田雅樹(須賀健太)からのナースコールで
主治医の七瀬遥華(香椎由宇)がかけつけます。

急変!?と思われた和田の容態でしたが
少し落ち着き授業に参加してもいいと七瀬の許可が下ります。

八重樫守(神木隆之介)、田中香(高良光莉)も加え
3人が揃う中、はりきって授業をする石原参太朗(大泉洋)です。

テンション上がりまくりの石原は
突然お腹が痛み出し倒れこんでしまいます。

ストレッチャーで運ばれる石原。

太川絹(小林聡美):「この人どうしちゃったんですか?」
桜山真(上川隆也):「急性虫垂炎ですね。緊急手術です。」
太川:「あぁ、盲腸!」
石原:「執刀医にご挨拶したいんですけど」
桜山:「いまさら・・なんか照れるな、よろしく」
石原:「ひょっとして院長が手術するんですか?」
桜山:「はい。」
石原:「ものすごく不安なんですけど」
太川:「ハハハ、確かに(笑)」
桜山:「何言ってんですか、こう見えても僕だって医者ですよ。
やりますよシジツくらい」
太川:「言えてないし・・」
石原:「チェンジして下さい!チェンジ」





「赤鼻のセンセイ」の主題歌「夢をアリガトウ」CD紹介の
下方にある続き>>読んで下さいネ♪    



原由子,桑田佳祐
ビクターエンタテインメント

原由子,桑田佳祐
ビクターエンタテインメント

2009年08月15日
JUGEMテーマ:赤鼻のセンセイ

大泉洋主演ドラマ「赤鼻のセンセイ」 第6話あらすじ

〜鬼の目にも涙〜

横山一(尾美としのり)が店主の一膳飯は本日貸し切り。

桜山総合病院の院長、桜山真(上川隆也)をはじめ
小児科の医師、遠野治雄(高橋努)や看護師の
近藤ミチル(入山法子)、滝川琴美(工藤里紗)、
牧村優(田島ゆみか)、樋口陽子(住谷念美)と
教師の権田俊郎(光石研)、西森倫子(平岩紙)
そして、石原参太朗(大泉洋)、太川絹(小林聡美)が集まり
親睦会で盛り上がっています。

七瀬遥華(香椎由宇)の姿は見えません。

翌朝、石原は七瀬に親睦会に参加しなかった理由を聞くと
「当直でしたから」とあっさり答える七瀬です。

そして、もう少しコミュミケーションを
とった方がいい、と言う石原に七瀬は
私には、みんなで集まって飲んだり食べたり
くだらない話につきあっている時間はないんです。
そんなに暇じゃないんです、と言い返します。



体調が芳しくない和田雅樹(須賀健太)は
院内学級を休んでいます。

院内学級に参加したがっている和田が
七瀬に明日は言ってもいいんだよね?、と聞くと
七瀬は、体調次第と答えます。

そして、
再度、和田が院内学級に行きたい、と言うと
「院内学級と自分の命、どっちが大事なの」と
七瀬はきつく叱ります。



森村千佳(八木優希)が母親が作ってくれたと
嬉しそうに抱いているぬいぐるみを七瀬は見て、
ぬいぐるみの中にそば殻が入っていて
千佳と同じ部屋にそばアレルギーの子に発作が起きたら大変、と
むいぐるみを取り上げてしまいます。



石原は沈んでいる和田に声をかけると
「院内学級と自分の命、どっちが大事」と七瀬に
言われたと話します。

石原は七瀬に文句を言ってやる!!と
廊下で会った太川に告げ、医局に向かいます。

石原:「今回は100%七瀬先生が悪いですから。
そして、僕は全然悪くありませんから。」

太川:「あら、珍しいこともあるんですねぇ」

太川は不安に感じたのか
石原のあとをついていきます。





「赤鼻のセンセイ」の主題歌「夢をアリガトウ」CD紹介の
下方にある続き>>読んで下さいネ♪    



原由子,桑田佳祐
ビクターエンタテインメント
(2009-08-19)

原由子,桑田佳祐
ビクターエンタテインメント
(2009-08-19)

2009年08月06日
JUGEMテーマ:赤鼻のセンセイ

日本テレビ系大泉洋主演ドラマ
赤鼻のセンセイ」第5話 あらすじ  

〜嘘も方便〜

世間は夏休み・・
入院中の病状の軽い子供たちには
一時帰宅の許可が下ります。

帰れない子供たちに楽しい思い出を作ろう!と
張り切る石原参太朗(大泉洋)です。

そんなとき、和田雅樹(須賀健太)が
八重樫守(神木隆之介)を怒鳴る声が聞こえてきます。

石原と太川絹(小林聡美)が
田中香(高良光莉)に事情を聞いてみると
和田が八重樫のことを嘘つきだと怒っているようです。

八重樫が和田のCDを勝手に持っていき
知らないと嘘をついたと和田は言います。

返したからそれでいいと言う八重樫に
そういう問題じゃないと言う和田。

和田は嘘をつかれたことにとても腹を立てているのです。



石原は気まずくなった教室の雰囲気を変えようと
一生懸命ですが空振りばかりです。

頭を悩ます石原に院長の桜山真(上川隆也)は
院内学級の恒例の行事、課外授業で
外の新鮮な空気を吸って気分を一新すれば
つまらないわだかまりも飛んでいくと話します。

その話しにノリノリの石原です。



七瀬遥華(香椎由宇)が和田の病状を説明するために
和田の父親、邦春(山崎 一)を呼び出します。






「赤鼻のセンセイ」の主題歌「夢をアリガトウ」CD紹介の
下方にある続き>>読んで下さいネ♪    



2009年07月31日
JUGEMテーマ:赤鼻のセンセイ

日本テレビ系ドラマ「赤鼻のセンセイ」第4話 あらすじ 

〜一発逆転〜

石原参太朗(大泉洋)は歴史の授業をしています。
あいかわらず、たなっちこと田中香(高良光莉)は
漫画本を読んでいます。

その時、隣の教室(小学校の教室)から
太川絹(小林聡美)の叫び声が聞こえてきました。

八重樫(神木隆之介)や和田(須賀健太)が
心配する中、田中はひとり冷静です。

そして、太川が髪を振り乱して
「お願いがあります」と中学校の教室のドアを開けます。

太川:「黒い悪魔が・・」

石原が小学校の教室へ行ってみると
生徒たちも逃げ回っています。

石原:「何の騒ぎですか」
太川:「ごきぶりです」

太川がごきぶりが苦手だと知った石原はニンマリ。
意外な弱点を発見したと喜びます。

石原は太川にモップを渡され、
ゴキブリを退治しようとしたその時・・

モップを滑らせて天井にとばしてしまい
クーラーが壊れてしまいます。

結局、黒い悪魔はゴキブリではなく
カブトムシだったのですが・・

クーラーから煙が出て火災報知器が鳴り出しました。



七瀬遥華(香椎由宇)は患者たちを動揺させたと
石原と太川を叱ります。

責任をおしつけ合うふたりです。





「赤鼻のセンセイ」の主題歌「夢をアリガトウ」CD紹介の
下方にある続き>>読んで下さいネ♪    



原由子,桑田佳祐
ビクターエンタテインメント
(2009-08-19)

原由子,桑田佳祐
ビクターエンタテインメント
(2009-08-19)

2009年07月25日
JUGEMテーマ:赤鼻のセンセイ

大泉洋主演
日本テレビ系ドラマ「赤鼻のセンセイ」 ストーリー

第3話
〜子の心 親知らず〜

夏が来たとなぜかはりきる石原参太朗(大泉洋)です。
石原は、青少年が1年で1番輝く季節が夏だと言います。

八重樫(神木隆之介)、和田(須賀健太)、
田中香(高良光莉)に、
夏の目標を記入するプリントを渡し
「お前たちにしかできない夏を作ろう!」と言いますが
そんなの意味がない、と八重樫は言います。

俺達には夏も秋も冬も春も関係ないから、と
石原は相手にされません。

石原ひとりだけ盛り上がり・・
笑わせようとしてもからまわりです。

太川絹(小林聡美)のクラスでは
子供たちが笑っています。

石原は気になって教室に入ってみると
太川は「宮沢賢治の風の又三郎」のプリントをただ読んでいるだけ・・。
石原も読んでみますが全然笑いはとれません。

太川絹(小林聡美)のクラスに、新入生
小児糖尿病を患う森村千佳(八木優希)が入ってきます。

千佳は母とふたり暮らしです。

母親の佳美(芳本美代子)は、
千佳はしっかりしていて、小学生ながら家の手伝いもし、
自分で注射も食事の管理もできると言います。

太川が院内学級を見ていくように勧めますが
仕事が忙しい佳美は慌しく病院を出て行きました。



転校生というのは打ち解けるまでに時間がかかるからと
千佳のために歓迎会を開くことを石原は提案しました。
非常識だと七瀬(香椎由宇)にきつく言われても
気にすることなく準備に張り切る石原です。




「赤鼻のセンセイ」の主題歌「夢をアリガトウ」CD紹介の
下方にある続き>>読んで下さいネ♪    



原由子,桑田佳祐
ビクターエンタテインメント
(2009-08-19)

原由子,桑田佳祐
ビクターエンタテインメント
(2009-08-19)

2009年07月21日
JUGEMテーマ:赤鼻のセンセイ

日本テレビ系ドラマ「赤鼻のセンセイ」 第2幕あらすじ

〜恋の病〜

「コレのどこがダメなんですか!?」と
石原参太朗(大泉洋)が手に赤い鼻を持って
大きな声で太川絹(小林聡美)に反発・・。

太川はただ単純に聞いただけで
ダメとは言っていないと言います。

相変わらず口論が絶えません・・。
教師の権田俊郎(光石研)、西森倫子(平岩紙)や
ナースたちはそんな2人を呆れて見ています。

※ナース
近藤ミチル(入山法子)、滝川琴美(工藤里紗)、
牧村優(田島ゆみか)、樋口陽子(住谷念美)


石原:「太川先生、恋に身を焦がした体験ってあります?」

一瞬まわりの空気が変わります・・。

太川:「はい??どうして答えなければいけないんですか?」

石原:「恋の満足を味わっている人は
もっと優しい声を出すものだと
夏目漱石も言ってますから。」

太川:「あぁ そうですか〜
夏目さんに宜しくお伝えくださ〜い。」

石原:「夏目さん、
もうお亡くなりになっておりますので(怒)!!」

石原は太川にいつもサラリとかわされ
その度にカチカチきているようです・・・。


太川の言うことを素直にきくことは
石原のプライドが許さないようです!?



小児科医の七瀬遥華(香椎由宇)は看護師たちを
厳しく叱ります。

急性骨髄性白血病で入院している 和田雅樹(須賀健太)が、
週一回の大事な検診をすっぽかしてしまったのです。

和田は、外科に入院している藤原理沙(金澤美穂)のことが気になり、
外科病棟まで彼女のことを見に行っていたのです。


和田の担当看護師の滝川はさらに、
医師の遠野治雄(高橋努)にきつく言われます。
滝川は、和田が、その時なぜ外科にいたのか
理由を言ってくれない、と頭を痛めています。
それらを聞いていた石原は
「その件はこの僕に任せて下さい。
あいつの心は僕が開かせますから」と、胸を張ります。



石原と桜山総合病院院長の桜山真(上川隆也)が
横山一(尾美としのり)の定食屋に来ています。

和田は授業中も変だったという石原に
治療の経過は悪くないと言う桜山。

心の問題ですよ、と和田のことは自分の仕事で
太川ではないとライバル意識を燃やす石原です。

桜山は、太川は浅草にある劇場の娘で
昔は「シルクちゃん」と呼ばれていたことを
噂で聞いたと話します。

石原は「シルクちゃん」という言葉に過剰反応します!
前回のお話に出てきた花火師も
「シルクちゃん」と呼んでいたことを思い出します。

そのことが気になる石原は
劇場を調べてみると言い出します。

石原:「敵を知らないと戦えませんからね」




「赤鼻センセイ」の主題歌「夢をアリガトウ」CD紹介の
下方にある続き>>読んで下さいネ♪    



原由子,桑田佳祐
ビクターエンタテインメント
(2009-08-19)

原由子,桑田佳祐
ビクターエンタテインメント
(2009-08-19)

2009年07月15日
JUGEMテーマ:赤鼻のセンセイ
JUGEMテーマ:大泉洋

 「赤鼻のセンセイ」
日本テレビ系 毎週水曜 夜10時より始まりました。

脚本:土田英生 ほか
音楽:中塚武
プロデューサー:大倉寛子、秋元孝之
演出:佐久間紀佳、吉野洋、茂山佳則

ドラマ「赤鼻のセンセイ」の主題歌は
「夢をアリガトウ」(2009年8月19日発売)
歌:原由子
(タイシタレーベル/ビクターエンタテインメント)です。

これより、
「赤鼻のセンセイ」第1話のあらすじ詳細です。

〜病は気から〜

第1幕が
本間ゆうた・きいた(まえだまえだ)の漫才で
開けられました。

そして「病は気から」は、

あながち的外れではない、と
桜山真(上川隆也)の説明があります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨今の医学では多角的な治療研究が進んでいます。
たとえば、注目されているのが
Oxytocin オキシトシンという物質。
これは、体を抱きしめられる、握手をするなどの
行為によって、脳の視床下部 Hypothalamus から
分泌されるもので、愛情ホルモンと呼ばれています。
この愛情ホルモンには、人の自然治癒力を高める能力があり
さまざまな治療の現場で
成果を上げたという報告もなされているそうです。
愛情で病気が治る・・。
これから始まるお話もそういう・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

石原参太朗(大泉洋)が家電販売店で
鼻の頭に赤いスポンジをつけ・・
そう、ピエロのような赤い鼻の姿で実演販売をしています。

多くの買い物客が足をとめ、参太朗の話を聞いています。
とても口達者で笑いをとっていますよ♪
どうやらカーナビの実演販売のようです。

(そのようすを黒いサングラスをかけた老人(神山繁)が
後ろから見ています・・。)

参太朗が「ご購入いかがですか!?」と言ったとたん
買い物客は一斉に散ってしまいます。

老人はため息をつきます。



売り上げの方はサッパリで
客に受けても売れなきゃ意味がないと
参太朗はあっさりとクビになってしまいました。



参太朗は転職情報誌を抱え
1杯500円のカキ氷を
「250円で半分だけ食べれないだろうか」

っと・・そこへ

「お前はまだ世の中をなめて生きているようだな」と
サングラスの老人が現れます。

参太朗:「教授!お久しぶりです」

その老人は参太朗のかつての恩師のようです。

参太朗はわけのわからぬまま紹介状を渡され、
「桜山総合病院」に行くように言われます。




「赤鼻センセイ」の主題歌「夢をアリガトウ」CD紹介の
下方にある続き>>読んで下さいネ♪    




原由子,桑田佳祐
ビクターエンタテインメント
(2009-08-19)

原由子,桑田佳祐
ビクターエンタテインメント
(2009-08-19)

続きを読む >>