「メイモのブログ」目次      公式HP→  フジテレビ  tv asahi  TBS  日テレ  TV TOKYO  NHK

★↑クリックするととびます。どうぞご利用下さい。★

2010年12月12日

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | Time : | CM : 0 | TB : 0
2009年05月22日


稲森いずみ主演ドラマ「アイシテル海容〜」の第6話
あらすじ詳細と少しの感想。


だったら償ってよ!あんたが死んでみれば!!と
さつき(稲森いずみ)に言ってしまった美帆子(川島海荷)。

さつきは深く思い悩んでいます。
近くで遊んでいた子供たちのボールが
さつきのところへ来なければ
もしかしたら川に身を投げていたかもしれない・・
そんな状況に見えました。

美帆子も言ってしまった言葉の重さを感じています。
美帆子を慰める聖子(板谷由夏)と秀昭(佐野史郎)です。

さつきに憎しみだけの感情しかない秀昭に対して
聖子は違います・・。
聖子は清タンを殺したのは母親じゃないと言います。

聖子は、さつきの想いが少しわかるような気がしています。
自分の子供が殺されてもなお
犯人の母親のことを想える人ってなかなかいませんよネ

「許すこと」って難しいことなのに・・。



智也(嘉数一星)は、
富田(田中美佐子)との面談を断ります。

富田はそんな智也のことを
お母さんのことを話したくないのだと思っています。
約束を破ってしまった智也は、
母親に抱きしめてもらえる資格がないと
思っているのかもしれないと・・。






「アイシテル〜海容〜」サウンドトラックCD&伊藤実原作本
紹介の下方にある続き>>を読んで下さいネ♪ 

 







さつきに、母(藤田弓子)から彩乃(田畑智子)から連絡があったら
連絡をくれるようにとの電話が入ります。

さつきが心配して母親のところへ行くと
彩乃の結婚がダメになったということを知り、
さつきは彩乃を探します。

彩乃が小さい頃から何かあるごとに行っていた
神社で彩乃を見つけます。

謝るさつきを彩乃は責めてしまうのです。



一方、和彦(山本太郎)は
仕事が決まらず、お店でお酒を飲んでいて、
ぼんやりとしたようすで履歴書に火をつけ・・・!?



さつきは彩乃に言われた言葉を思い出しながら
雨の中を歩いています。
その時に・・警察から和彦の身柄を引き取りに来て欲しいと
電話が入りますが、
さつきは雨の中で気を失ってしまいました。



美帆子は死んでみればと言ってしまったことで
清貴のようにさつきもまた死んでしまうのではないかと
不安を抱えています。

聖子は富田に相談。
大丈夫ですよと富田の言う言葉に聖子は励まされます。



さつきは入院・・。
肺炎の症状は軽いけれど栄養失調のせいで
衰弱が激しく良くなるには時間がかかりそうです。

さつきのそばに母親が付き添い
ひどいことを言ってしまったと反省している彩乃は、
さつきの代わりに和彦を迎えに警察へ行きます。



智也はあの事件の日のことを思い出しています。

トイレを貸すために智也は清貴(佐藤詩音)を家に連れていくと、
清貴は、ただいまと智也が言わないことから
家の人がいないのかと聞きます。
智也が、誰かいても言わないと答えると
清貴は変なの!と言います。

清貴は、パパもママも自分のことが大好きで
自分のことをぎゅーっと抱きしめると
美帆子が焼きもちをやくと言います。

それから清貴はグローブを見つけ
キャッチボールをしようと言い出し、外へ出かけます。

智也が連れて行った場所が気に入らない清貴。
清貴はいつも父親がキャッチボールをしてくれている場所に
行こうと言います。

キャッチボールをしながら
清貴はやっぱり智也の家は変だと何度も言い・・。

清貴がママが待っているからもう帰ると言いだすと
まだ帰ってない、待ってなんかないと言う智也です。




富田がさつきのいる病室へ来ました。
富田は、聖子に会って事情を聞いたと話します。

母親失格だというさつきに
富田は、
智也の心を開き、犯した罪の大きさを気づかせる
それがさつきの役割だと言います。



和彦と一緒にさつきの家へ行った彩乃。
家へ帰るなり和彦はビールを飲み始め、
大学を出て14年、必死でやってきたことが無駄だったと愚痴・・。

そんな和彦に彩乃は、
何もかもさつきに背負わせ
愚痴をこぼしているような夫だったらいない方がいい
和彦が仕事に打ち込めたのは
さつきが子育てを頑張ってきたから。
さつきのことを支えて欲しい・・
支えることができるのは、和彦しかいないと言います。



和彦はさつきの元へ・・寝ているさつきに
辛いことをたったひとりで悪かったと謝ります。

その後、和彦は智也に面会に行きます。
断られると思っていた和彦は
智也が面会をしてくれたことに少し驚きます。

どうして来たのと聞く智也に
和彦はさつきの入院のことを話します。
そして、カブトムシをさつきが飼い始めたことも話します。

智也が面談室を出て行くとき、
後ろ向きに、智也は
あのときのキャッチボール楽しかったと和彦に告げるのでした。



和彦はさつきに智也と面会してきたことを話します。
智也がどうして来たのと聞いたのは
さつきのことを心配していたからだと言います。

さつきは和彦の話を聞くうちに
今すぐ智也に会いたいという想いがこみ上げてきました。



さつきは母親にこんな私いなきゃよかったねと言います。

母親は、さつきを叱りました。

さつきの父親が死んで、苦労をしたことはあったけれど
生まなきゃよかったなんて一度も思ったことはない。
頑張って来れたのはさつきや彩乃がいたから。
親というのは子供のために頑張ってこそ
生きていることになる・・。
智也のために、
頑張って一緒に罪を償っていかなければいけない
私や彩乃にはいくら甘えてもいい
だけどご遺族には絶対に甘えてはいけない・・
これから先も苦しいこと辛いことがあるけれど、
智也と一緒に生きていかなければならない・・と、

母親はさつきを諭すのでした。



秀昭は清貴の写真の前にいます。
もうすぐ清貴の七七日・・。
家族が前に進むための道しるべになって欲しいと
清貴に話しています。



和彦はこれまでの仕事のプライドは捨て
配送センターの仕事を選んだようです。

さつきは小沢家への2通目の手紙を書いています。

一生をかけ、息子に罪の深さ、
その過ちの重さを気づかせるために
私達が生きていくことをどうかお許しください・・



次週に続きます。



ふたつの家族がぞれぞれの苦しみを乗り越えていきます・・。
哀しくて切ないけれど・・
形はちがうけれど・・
どちらも前向きに生きている姿には感動します。

さつきもこれまでひとりで頑張ってきたれど
これからは和彦も協力してくれそうですネ。

小沢家もひとり息子を亡くした悲しみを乗り越え
前向きに生きていこうとしています。



次週からは・・

ブログサイド左側にある
「アイシテル〜海容〜」カテゴリーからどうぞ。
↑ 
初回からのあらすじの記事です。最終回まで続きます。


「アイシテル〜海容〜」主題歌
MONKEY MAJIK 『アイシテル』 

挿入歌、発売予定5月27日
新垣結衣 『うつし絵(通常盤)』 (ワーナーミュージックジャパン)
うつし絵(Single Limited Edition Maxi)


「アイシテル〜海容〜」公式HPです。



※ 応援ボタン・・ポチッとよろしくお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

映画・ドラマランキング 

2010年12月12日
By スポンサードリンク | - | Time : | CM : 0 | TB : 0
これは読まないつもりだったけど
読んじゃった (´;ω;`)
from: contradictory | 2009/06/20 10:18 PM
contradictoryさんへ
あらら・・
読んじゃったんですか^^;
from: meimo | 2009/06/23 9:24 PM

Comment form









トラックバックURL :