「メイモのブログ」目次      公式HP→  フジテレビ  tv asahi  TBS  日テレ  TV TOKYO  NHK

★↑クリックするととびます。どうぞご利用下さい。★

2018年07月31日

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | Time : | CM : 0 | TB : 0
2009年07月07日

ドラマ「BOSS」第10話のストーリーです。  

絵里子(天海祐希)が監視カメラをみながら
岩井善治(ケンドーコバヤシ)に指示を送っています。

絵里子:「A1からA2、犯人(ホシ)が移動してる」
岩井:「突入するのか?」
絵里子:「待って!一人じゃない。複数犯・・」
岩井:「こっちは二人だぞ」
絵里子:「わかってる!でもここで確保しないと!」

絵里子:「あっ!棒状の鋭利なものが見える!」
岩井:「凶器か?どうする?」
絵里子:「私も行く」

絵里子:「背後から突入するから」

秒読み・・イチ、ニ・・のサン!

で、突入!!

って・・!?

目の前にいたのは、万引きをした
小学生の男の子たちです。
連続「砂消し」窃盗犯・・。

絵里子たち、特別犯罪対策室は謹慎処分を受け、
生活安全課を補佐する仕事をしているのです。



木元真実(戸田恵梨香)と山村啓輔(温水洋一)は
いかにも刑事らしく(刑事ですが・・笑)
犯人を張っています。

犯人は30代〜40代、男性。
無職ないしは不定期のアルバイト。
身長165cm、女性への関心は極めて強いが
内向的で友人も少ない。
女性との交際歴は無いか、あるいは一人。

と・・、山村は、この手の犯罪はBOSSより上だよ、と
得意げにプロファイリング・・。
そして、犯人の部屋へと踏み込みます。

踏み込んだ部屋には・・女性の下着がいっぱい!

真実:「やったのヤマムーじゃないよね?」



花形一平(溝端淳平)とともに、片桐琢磨(玉山鉄二)は
階段を上がっています。
「やっぱりよしましょう、僕たち二人では・・」
という花形に
「今やらないと・・二度とチャンスはない
これが俺たちの仕事だ・・」と言う片桐。

片桐:「もしもし俺!俺だよ!俺!」
おばあちゃん:「はい」
片桐:「部下が事故を起して金が必要だ」
おばあちゃん:「はい〜」
片桐:「500万振り込んでくれないか」
おばあちゃん:「はい♪ 喜んで♪」

花形:「振り込んじゃダメですって・・」

花形と片桐は警視庁の
振り込め詐欺防止キャンペーンの
講習会を開いているのです。

おばあちゃん:「だってぇ〜、あの人ハンサムなんだもん〜」
「私の全財産あげちゃおうかな・・」

ですって 





ドラマBOSS」の主題歌オリジナル・サウンドトラックCD紹介の
下方にある続き>>を読んで下さいネ♪ 
 



越智志帆,多保孝一,Rick Derringer,蔦谷好位置,Derringer
ワーナーミュージック・ジャパン




特別犯罪対策室が謹慎処分になったのは、

片桐の誤射事件により3年前の事件が明らかになり、
(※ ↑ 詳細は第8話をご覧下さい)
参事官の屋田健三(相島一之)が危機感を感じて
その懲罰かもしれない

と・・野立信次郎(竹野内豊)が絵里子に話します。

このシーンのあとに
野立と絵里子は金八先生のものまねを・・。



片桐は、新聞記者・鈴木真司(小須田康人)に声をかけられます。
記者は、今回の対策室の謹慎と警視庁の裏金汚職問題には
関係があるのかと尋ねました。



そんな時、街中でゴミ箱の爆発事件がおこります。

下着泥棒の捜査をしていた真実と山村が
このゴミ箱連続爆破事件を担当します。

証拠品の分析を終えた奈良橋玲子(吉瀬美智子)から、
時限爆弾のタイマーに使われた時計に
絵里子の指紋があったと聞かされ・・。

絵里子の前に立った山村と真美・・

絵里子:「ハッキリしなさいよ うじうじしたの大嫌いなのよね」
真実:「だったら思いきって言います!」

真美:「連続爆破事件の重要参考人として
話を聞かせて下さい!!」

絵里子:Σ(・ω・ノ)ノ! 



山村が、
「木元と花形はもう一度現場を。
岩井と片桐は被疑者の取調べ・・」

「行って!!」とBOSSの真似・・。
・・・・・・・・・・・・・・・。  シーン・・ 


対策室のメンバーたちは、片桐の指示のもと、
山村、岩井善治(ケンドーコバヤシ)が捜査を、
真実と花形が絵里子を取り調べることになりました。



野立信次郎(竹野内豊)は、
警視総監・大山源蔵(津川雅彦)が来場する
式典(感謝状贈呈式)の警備について幹部へ指示をしています。
ちょうど打ち合わせが終わったとき、片桐がやってきました。

片桐は裏金汚職について尋ねます。
野立は裏金の話しは聞いたことがなく
ガセネタに違いないと答えました。

そして・・もっと面白い話があると言い

記念すべき第238回
夏、突入だよ 野立会
〜出逢いは灼熱アバンチュール〜
6/26 Friday 20:00 Start

「来てくれ」と、チケットを差し出します。

片桐:「これ・・可愛い子来ますか?」
野立:「エレベーターガー・・」
片桐:「絶対行きます!」 返事早ッ!



ヘラヘラして取調べ室に入る花形に絵里子は言います。

犯人になめられてどーする!

殺人犯は落とされまいと必死なの。
だから、勢いだけでも、情で押すだけでもダメ!!
きちんとした裏づけと相手の出方を見て
それを切り出すタイミング!

花形は出直します、と取調室を出ました。
僕じゃ手に負えません・・

そんな中、ある大学の講義室で死傷者が出る爆発が起こります。
真実は、取調べ中の絵里子にそれを報告します。

爆弾の成分が「過酸化ベンゾイル」だと
聞いた絵里子の表情が変わりました。

おそらくそのタイマー、
私があげた置時計を使ったんだと思う・・と話しはじめます。

タイマーに使われていた時計は、
絵里子が池上浩(丸山智己)に贈ったものでした。

絵里子は、
池上の仕事先、職業(とび職)、年齢(32)、住所等を言い
5年少し前に落とした携帯を
拾ってくれたのが縁で知り合った、と話します。

絵里子は池上に自分の職業を打ち明ける前に
アメリカへ行き、今まで言わずじまいできています。

絵里子は、今回の事件に関係があるのは、浩の弟の
池上健吾だろうと明かします。


池上健吾(石垣佑磨)は、5年前、
爆発物取締り罰則違反及び傷害罪で逮捕されました。

「過酸化ベンゾイル」を使った爆弾を爆発させたときの
怪我人は時の法務大臣でした。
健吾は爆弾テロの容疑者として逮捕されたのです。

健吾は反政府組織のテロ集団「黒い月」との関係を否定。
当時、理系の大学院生だった健吾は、
友人に合成実験用の「過酸化ベンゾイル」を貸してくれと頼まれ
当然実験に使うものだと思い渡しただけ・・
その友人が爆弾を作ったと訴えたのですが

それを証明できるものは何もなく
その友人も知らぬ存ぜぬで
健吾は、5年の実刑を負うこととなったのです。

しばらくして「黒い月」は幹部が逮捕され解散させられました。
それが復活したのでしょうか!?
健吾は「黒い月の」メンバーであることを否定していますが
ただ・・健吾は先月出所しています。

出所して健吾はおそらく兄、浩と暮らしていて、
その兄の置時計を使って爆弾を作り爆発させた!?

今の状況では健吾が爆弾を作ったという可能性が
一番高いという絵里子です。

絵里子は、容疑者、健吾の確保、
浩の事情聴取が必要だと真実に告げ、
「私がやるから」といって立ち上がりました。

※ 警察という組織では・・
身内に前科があるものとの交際はタブー中のタブー。
絵里子はそのためにキャリアを棒にふった・・。
真美にこの話題をふられた絵里子は
今はそのことは関係ない、と答えませんでした。




一方、片桐は裏金汚職の件でまた記者と会っています。
付き合いの薄い人の話しより身内を信用する言う片桐。
そこへ小野田忠(塩見三省)がやってきます。
小野田は、「こいつは大学の後輩だ。信頼できる。」
と言います。

小野田は、調べているうちに(裏金汚職問題が)
あながちデマとも言いきれない気がしてきたと話します。
確証をつかむために片桐にも協力を頼み、
上層部にいる汚職を隠ぺいしようとする者が誰なのか・・
それをつきとめると告げます。



翌日、取調室に池上浩が座っています。
浩は取調室に入ってきた絵里子に
「久しぶり。本当に刑事だったんだな」と言います。

絵里子:「ごめん、嘘をついてて・・」
浩:「何が嘘?刑事だったこと?付き合っていたこと?」
絵里子:「・・・・」
絵里子:「今日は刑事として話を聞かせてもらう」と
事情聴取を始めます。

浩は、絵里子の贈った時計は2週間ほど前になくなり
同じ頃、健吾も姿を消していることを話します。

弟は無実なのに5年も刑務所に入ることになった。
将来を棒に振った。恨んで当然だ。
自分のせいにした友人、何もしてくれなかった警察。
俺も警察を恨んでいる・・。
でも健吾は絶対に人を殺めることはしない、と
絵里子を見据えて言う浩に

今、言えることは・・
誰であろうと、犯人は必ず捕まえる!と
答える絵里子です。



絵里子は浩を警察署の出口まで送ります。
この先はひとりで帰れると言う浩・・。

どうして黙っていた?
ひょっとして、突然アメリカへ行ったのも
弟のことと関係があるんじゃないか?と聞く浩に

絵里子は何も言わず小さく首を横にふります。

弟が突然テロリストの集団の一員に仕立てられた。
俺にしたら笑っちゃう話だけど・・
それをさぐるために俺と付き合ってたなんて
そんな落ちだったら勘弁してくれ・・
キツすぎる・・。
弟から連絡があったらすぐに知らせる。

そう言って帰っていく浩の背中を
絵里子はじっと見つめていました。

絵里子の指示で
浩には24時間の尾行がつきます。



片桐は何か書類を見ています。
「東京都土地開発企業への警備用造成工事発注」
と、書かれています。

そこへ小野田から電話が入り呼び出されます。
明日、ある人に会う。そこで全容がハッキリするはずだ
記者の鈴木も新たな情報があるそうだ、と
片桐は、いつもの喫茶店で後日、2時に会う約束をします。

この件は、明らかになるまで絵里子には言うなと小野田。
ハッキリすれば自分から伝えると言います。



式典が行われるホールに人々が集まっています。
警備の警官がいる中、野立が各所を点検しながら歩いていると
壊れているシャッターを見つけ、
すぐに業者に修理を頼むように指示を出し
最終チェックをします。

ほどなくして、警視総監の大山到着します。



同じ頃、対策室では片桐をのぞくメンバーたちが
一連の爆弾事件を整理しています。

第1の犯行は公園のゴミ箱
第2の犯行は街のど真ん中のゴミ箱の中。
第3の犯行は大学の講義室。
ドアが吹き飛ばされ死者が1名

共通点は「過酸化ベンゾイル」が使われていること。
その使用量は事件のたびに増えています。

3つの爆発は、別の爆弾事件に応用するための
リハーサルなのではないか、と真実。



ホールへシャッターの修理に来ましたと
車に乗っている男(反町隆史)・・何やら怪しい!?

男たちはサインをしビルの奥へ入っていきます。
シャッターの前へ行き
早急に直してくれという野立に
「準備は何事も万全にですね」という男(反町隆史)。



式典が始まりました。

機械室に行った男たちは案内した人を
縛り、口にテープを貼り・・

男(反町隆史)たちはスーツに着替えます。
ピストルを準備し・・爆弾も・・!?



対策室では・・

5年前に「黒い月」を破滅に追いやった
事件の指揮を執っていたのが、
大山だと花形の調べでわかります。

さらに、爆発が起きた大学の講義室と、
今回、式典が行われるホールの形、大きさ、出口の数までもが
同じであることがわかりました。

犯人は「黒い月」で、犯行目的は大山への復讐?



ホールでは・・・

大山が壇上に上がっています。
その部屋に男(反町隆史)が入っていき
席に座ります。

別の場所で爆弾にスイッチが入れられ
(タイマー10分)
通路のゴミ箱に入れられます。



対策室では・・

警備についての情報などが犯人側に知られていることから、
警察内部に「黒い月」に通じているものがいる!と
絵里子は確信します。

そして、花形に車をまわすように、
岩井には警備を調べるように
山村と真実には各署に連絡を入れるように指示。

絵里子:「警視総監が危ない!!」



爆弾のタイマーは3分を切りました・・。



喫茶店で小野田を待っている片桐と鈴木。
小野田は来ません・・。電話も通じません。

鈴木は、自分たちはとんでもない真実に
ぶち当たったかもしれない、と言います。



絵里子たちはホールへ向かっています。
タイマーは1分を切りました。

絵里子は野立に電話をかけ
「早く総監と逃げて!」と言います。
「黒い月」のターゲットはそのホールなのよ、と
告げると同時に爆発音とともに煙があがります!

会場がパニックに陥る中、
野立は壇上にいた大山を出口へ誘導します。

そんな中、男(反町隆史)が観客席に悠然と座っています。
野立はその男を見ながら誘導しています。



ホールに向かう途中の絵里子は
大山が無事だとしりほっとしますが、
爆破されたのが会場の入り口や廊下だと聞いて、
疑問を感じます。

大山を殺すのが目的なら
なぜ爆弾は演壇じゃなくわざわざドアに仕掛けるのか!?
これがすべてのフェイクだとしたら・・!?
会場の警備を混乱に陥らせることが目的としたら・・!?
総監を殺すことが目的じゃなかったとしたら・・!?



同じ頃、警備に関する資料を見ていた岩井は、
今日になって警備が半分に減らされていることを知り
驚きます。

それを指示したのは、野立・・。



喫茶店での片桐と鈴木の会話・・

大山が警視総監になってから
会計課監査室が裏金問題を取り上げるようになり、
その不正な金をプールしていたと思われる
予算運営部が目を付けられ、
予算運営部が使えなくなったため、
不正を働いている上層部は、
新たに金をプールするための部署が必要となった・・

その裏金をプールするために作られた
新しい部署が特別犯罪対策室!?

それを立ち上げたのは、野立・・。



小野田が倒れています!



ホールに着いた絵里子は、騒然とする会場の中で、
野立を探します。

(そのようすを池上健吾が見ています・・。)

野立は大山とともに車に乗り込み
会場を後にするところです。

その車を運転するのは、会場にいたあの男(反町隆史)。

大山:「何がおこった?」
野立:「すぐに調べさせます。」

野立:「行ってくれ」
男:「了解です。BOSS」

走る車を見つけた絵里子が、それを追うと、
後部座席の野立が笑みを浮かべて
手のひらで口元に触れそして手を振ります。

絵里子:「野立・・・・」



次回に続きます。



次週からのあらすじ(ネタバレ)は
ブログのサイド左にあるカテゴリー
◎「BOSS」よりご覧下さいネ

第1話からのあらすじもご覧いただけます。



BOSS』公式HPです 



※ 応援ボタン・・ポチッとよろしくお願いします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 

映画・ドラマランキング 

By メイモ | ◎フジ系ドラマ「BOSS」 | Time : 18:05 | CM : 0 | TB : 0
2018年07月31日
By スポンサードリンク | - | Time : | CM : 0 | TB : 0

Comment form









トラックバックURL :