「メイモのブログ」目次      公式HP→  フジテレビ  tv asahi  TBS  日テレ  TV TOKYO  NHK

★↑クリックするととびます。どうぞご利用下さい。★

2018年07月31日

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | Time : | CM : 0 | TB : 0
2009年09月18日
JUGEMテーマ:ブザービート/BUZZER BEAT

9月14日放送 山下智久主演フジテレビドラマ
ブザービート(BUZZER BEAT)〜崖っぷちのヒーロー〜 」 
10話ストーリー (あらすじ)  

練習が終わった上矢直輝(山下智久)は、
白河莉子(北川景子)のために花屋でひまわりを買い
彼女のアパートへ向かいました。

直輝がアパートに着くと
莉子の部屋から川崎智哉(伊藤英明)が出てきます。

よぉ、と挨拶をして帰っていく川崎を直輝は追いかけ、
アパート横の公園で声をかけます。

直輝は川崎に莉子とのことを話し頭を下げます。
友達だったのに気持ちをとめられなくて・・
彼女は悪くない・・

そう話す直輝に川崎が
直輝のせいで泣いている莉子を優しく抱きしめた・・
直輝に彼女を守れるとは思えない・・、と言うと

直輝はそれを否定し、莉子を守りたいと返します。

そして、
いつも自信がなく劣等感ばかりの自分を莉子は認めてくれて
莉子がいると強くなれる。
莉子を大事にして夢を一緒に追い続けたい、
絶対彼女を離さない、と直輝が言うと・・

川崎はため息をつき・・嫌なカップルだね、と言います。
川崎は莉子に直輝と全く同じようなことを言われたのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
直輝が悪いんじゃない・・
友達でいようって言われてたのに気持ちがとめられなくて・・
直輝といると元気になれる・・。
直輝は大事な人で直輝の夢を応援したい・・
なのに不安になって勝手に傷ついて・・もっと強くならなきゃ・・

莉子は川崎にそう話し、指輪を返しました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

川崎:「青い者どうし勝手に仲良くやってくれ。
俺はもう知らない。その代わり・・
お前がどれだけ強くなったのか見せてくれ。
彼女の愛がどれだけお前を変えたのか俺にバスケで見せてみろ」

帰って行く川崎の背中に頭を下げお礼を言う直輝でした。



直輝は莉子の部屋へ行き、自分が悪かった、と謝ります。
足の怪我のことも話してくれなくて寂しかったと言う莉子。
直輝は心配かけたくなかった、と答えます。

直輝:「男は好きな女の子に
かっこ悪いこと知られたくないもんなんだよ」

直輝もまた、莉子にバイオリンのバイトを辞めた事を
教えてくれなかったことが寂しかったと言います。
心配かけたくなかった、と莉子は答えました。

直輝:「ほら・・」
莉子:「ごめん」

直輝はひまわりを莉子に渡し、
自分が好きなのは莉子だけ。だから、信じて、と告げました。



次の日、帰ってきた川崎の指導で練習が始まります。
そんな中・・直輝の足に激痛が・・!
直輝は倒れこんでしまいます。

直輝は、七海菜月(相武紗季)が付き添い病院へ




「ブザービート〜崖っぷちのヒーロー〜」主題歌&サウンドトラックCD
案内の下方にある続きもご覧下さいネ



 


すぐ手術をしてリハビリすれば
シーズンの後半までには出場できるかもしれない、と
手術を勧める医者に、直輝はそれじゃダメだ、と拒絶します。

すると強引に菜月は
「手術の日程を決めていただけますか?」と
医者と話を進めます。

試合中に同じ事が起こったらチームに迷惑がかかる・・
私がそばにいたらもっと早く判断していたのに、と菜月。



一方、電話で呼び出された莉子は・・

演奏会の企画支援や後援をしている者です、と
二人の男が現れました。
内ひとりは・・莉子を叱りつけた男・・八尾隆介(升毅)。
八尾は東都音楽財団の理事長です。

毎日の練習時間が3時間だと言う莉子に
それじゃあ、うまくなるものもうまくなれない、
とりあえず、明日からの莉子の1週間を
自分にくれと言い出す八尾。

1週間後にある演奏会のバイオリン奏者に出た急な欠員・・
莉子の1週間の努力によっては演奏できるかもしれません。
八尾は莉子を原石だと考えています。
徹底的に鍛えなおせば伸びる、と莉子に期待をしています。



この話を受けた莉子はさっそく直輝に報告。
次の日から厳しい指導を受ける莉子でした。



その夜・・直輝と莉子は公園以外で初めてのデート!
何かを言いかけてやめてしまった直輝・・。
手術のことは言えませんでした。



直輝がひとりで体育館にいると・・
代々木廉(金子ノブアキ)が現れました。

殴って悪かった、と謝る直輝・・
無視をするのかと思いきや・・直輝が帰ろうとしたとき
今から手術?と廉が話しかけます。

直輝はチームメイトの詳細なクセを廉に教えます。

直輝:「お前がやるしかないんだ。アークスが勝つには
お前が必要なんだよ。だから、もっと周りを信用しろよ」
廉:「お前に言われる筋合いねぇんだけど。。」
直輝:「勝つためにここへ来たんだろう?」

帰ろうとする直輝の背中に声をかける廉・・。

廉:「ねずみなんて大したことねぇだろう。
だから、お前こそブツブツ言ってないで
さっさと治して帰って来い」
直輝:「俺が戻ってくるまでしっかりやっておけよ」

チームメイトも集まり直輝を激励します。

直輝:「行って来ます!」



いよいよ直輝は手術室へ・・
その頃、練習の成果をみせるため莉子は
八尾たちの前で演奏します。

八尾:「柔らかな魅力を感じるが音に迫力がない!
が・・今回はその可能性を信じよう
コンサートまであと4日、しっかり練習したまえ」

涙を浮かべ喜ぶ莉子です。
莉子はすぐに直輝に報告・・・・!?留守電・・。

アパートに帰った莉子は
海老名麻衣(貫地谷しほり)に喜びを伝えます。

そんな莉子に

麻衣:「やっぱり・・聞いてない?
今朝秀治くんから聞いたんだけど
上矢君、今日手術してるって・・」

それを聞いた莉子は直輝の病院へ駆けつけます。
直輝の病室の前で立ち止まる莉子・・。

部屋には菜月がいました。
菜月と直輝の会話が聞こえます・・。

直輝:「俺、菜月のおかげで手術の決心がついた。ありがとう」

薬が効き眠くなった直輝はベッドに横になりました。

そこへ直輝の母、真希子(真矢みき)と
妹の優里(大政絢)がやってきました。

真希子に挨拶をした菜月は莉子の姿に気がつくと・・
急に真希子に頭を下げ、
自分が直輝と別れたからこんなことになった、
今でも直輝が好きで忘れられない、後悔している・・と
涙を流しながら訴えます。

真希子は菜月を励ましました。

そのようすを見ていた莉子は涙を浮かべそのまま帰ります。



目を覚ました直輝は莉子の「受かった」というメールを見て
飛び上がって喜ぶ直輝です。 イタタタ・・

そして莉子に電話しますが・・練習中です。
直輝はメールを送ります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
莉子へ
演奏会のこと、おめでとう。
なんか、自分のことみたいに嬉しいよ。
今はきっと練習中かな?

実は、俺は今日足の手術をしました。
大変なときに心配かけるのがイヤだったので
事後報告になったけど
無事にねずみは取り出せました。

これからはリハビリの日々が始まります。
試合にはしばらく出られそうにありません。
莉子にすぐに試合を見せられなくてごめんネ。

でも、休んでみて新たに見える
チームの良い面や弱点もいっぱいあって、
これも勉強かなと思っています。
だから、俺のことは心配いりません。
演奏会、すげぇ楽しみにしてる。
頑張ってね
直輝

~〜〜〜〜〜〜↓ 返事〜〜〜〜〜〜〜

直輝へ
ありがとう。
足、大丈夫?
無理はしないでね。
明日は精一杯頑張ります。
大好きだよ。
莉子

~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



演奏会の日・・。

会場には麻衣や莉子の父(野村信次)と
母(手塚理美)の姿もあります。

ドレスアップした莉子がステージに上がります。
莉子はステージから直輝を探します。

と・・扉が開き・・
松葉杖をつき、大きなひまわりの花束を持ち、
そしてスーツ姿の直輝が現れました。



素晴らしい演奏に観客は拍手喝采☆「ブラボー!!」

演奏を終えた莉子に「おめでとう」と
花束を渡します。

莉子は理事長に、このコンサートを主催している
財団のオーケストラに誘われたと話します。
軽井沢で優秀な若手の音楽家を集めてやっているオケです。

それに参加すると来週から1年以上軽井沢に住むことになって
直輝に会えなくなるし、バスケの応援に行けなくなる・・
直輝のそばにいたい、誰よりも直輝のそばにいたい・・と
話す莉子と複雑な表情の直輝です。



アパートに戻った莉子は麻衣に
直輝と離れて直輝の心を繋ぎとめておく自信がない・・。

菜月がいつも直輝の近くにいて
直輝のことを良く知っていることもあり
離れるのがこわい、と胸のうちを話します。



その夜、いつもの公園で再会した直輝と莉子。
ふたりは出会った頃の話しをします。

そして・・

直輝:「今の俺の夢を支えてくれているのは莉子なんだよ。
だから、莉子にも行って欲しい、軽井沢。
莉子にも夢を追い続けて欲しい。」

莉子:「やだよ!私は直輝と・・」

直輝:「大丈夫だよ。
離れててもずっと莉子のこと応援してる。
俺も莉子の一番のファンなんだよ。
頑張れよ・・頑張ろうぜ。
俺たち、最後まであきらめないで頑張ろう」

直輝は莉子の頭を軽くたたき
「行って来い!軽井沢」

直輝の思いを受け止めた莉子は
わかった、と答えます。

莉子:「最後の最後まであきらめないって
直輝と約束したもんね」

直輝:「離れてても・・・
莉子がいると思うと強くなれる」

莉子:「私もなれる!私も強くなる・・
もう会わない!会ったら別れが辛くなるから。
サヨナラ」

直輝:「サヨナラ」

泣きながら帰る莉子の後ろ姿を見ている直輝・・
莉子が見えなくなり・・涙をこぼした直輝は
公園をあとにしました。



次週最終回は拡大75分SPです。



目次もどうぞご利用下さい。 ←クリック



ブザービート(BUZZER BEAT)〜崖っぷちのヒーロー〜

公式HPです 

2018年07月31日
By スポンサードリンク | - | Time : | CM : 0 | TB : 0

Comment form









トラックバックURL :